血便で病院に行く前に

血便が出たら、何科に行けばいいの?

血便が出たら、落ち着いて、でもできるだけ早く病院に行くことをおすすめします。
結果として、単にだったり肛門が切れていただけだったりするかもしれません。
そう考えると、なんとなく病院へ足が向かない・・という気持ちはわかります。
ですが、万が一ということがあります。
病院に行って、検査して、なんでもなければそれが一番。そう考えて、思い切って病院に行きましょう。

それで、血便が出た場合に行く病院ですが、何科を受診すればいいの?という疑問にお答えします。
血便が出たら、 消化器科に行きましょう。
肛門科でもいいです。どちらでも、きちんとした病院ならば、血便の原因を特定してくれます。

病院ではどんな検査をされるの?

消化器科でも、肛門科でも、診察が開始されれば、まずは問診です。
普段の生活から食生活、血便が出た時の様子、便秘や下痢を起こしていたかどうか。それから家族についてもいくつか聞かれると思います。
それから、お尻の状態を診てもらいます。
痔があるかどうか、肛門が切れていないかどうか、などをチェックします。
その結果、痔や裂肛ではないことが確認されると、本格的な診察になります。

まずは直腸の状態を診ます。
「直腸指診」といって、肛門から指を入れ、直腸の状態を探ります。
直腸癌の約半数は指が届く範囲に発生しますので、この直腸指診だけでも診断できます。
次に、大腸の状態を診ます。
大腸内視鏡検査(大腸に内視鏡を入れて状態を目で見る) や注腸造影検査(肛門から大腸にバリウムと空気を入れてレントゲン写真を撮る)が行われます。
その後、必要に応じて胃内視鏡検査腹部超音波検査CT検査などを行います。
こうしたことを考えると、やはりきちんとした大きな病院に行くことをおすすめしますね。

いきなり病院はハードルが高いという方へ

いかがですか?病院に行こうという気持ちになれたでしょうか?
それとも、やっぱり病院に行くのはちょっと・・・と思われるでしょうか。

そうしましたら、こういうのはどうでしょうか。
まずは、自宅でがんかどうかの簡易な検査を行なって、検査の結果が陽性だったら病院に行く、というのは。
これなら気軽に行えますよね。
こちらで自宅でのがん検査のキットを紹介していますので、まずは取り寄せてみてください。
なにごともないことをお祈りしています。

血便の状態がどす黒い、タール便の方はこちらの胃ガン検査キットをご使用下さい。



健康バスケット 胃がん検査セット(ピロリ菌検査含む)

この胃がんリスクチェックのキットでは胃の萎縮度を調べるペプシノーゲン検査とピロリ菌の検査ができます。

ペプシノーゲン検査は 胃の内部の粘膜の状態を調べます。検査結果が陽性の場合は、胃粘膜の萎縮が進んでいる可能性があります。

胃の萎縮は、胃がんのリスクのひとつとされており、胃がん発生の引き金になると考えられています。

ピロリ菌は、胃の内部に生息する細菌で、胃がん患者の胃の内部からもピロリ菌が高率に検出されることから、胃がんにも深く関係していると言われています。

黒い血が出た人はこちらをチェック!

血便の状態が赤い鮮血だった場合、こちらの大腸ガンの検査キットをご使用下さい。



健康バスケット tf大腸がん検査(1日法)

この大腸のための郵送検診キットで行われるのは、免疫学的便潜血検査(大腸がんのスクリーニング(ふるいわけ)検査)です。

陽性の場合には、大腸ポリープ・大腸がん・痔・大腸炎・直腸がんなどの可能性が疑われます。

便中のヒトヘモグロビンに反応するモノクローム抗体を利用し調べます。がんが出来ていると、その一部がつぶれたり、食べ物や便が通過して擦れてできたりする傷などから出血します。

免疫学的便潜血検査はヒト以外のヘモグロビンとは反応せず食事制限を必要としません。

ただし、ヘモグロビンが変性しやすい上部消化管出血の検出率は低い傾向があるので、食道や胃の出血は陰性と出ます。

検査回数を増やすことが病変の発見に効果的なので、このキットでは2日採取法(2日分の便を検査する)を採用しています。

1日採取法より1.3倍の検出率です。

赤い血が出た人はこちらをチェック!